top of page

中小企業診断士の仕事とは(公的業務編)

中小企業診断士が何をしているのかよくわからないという声が聞こえてくるような気がするので、岡山にUターンして4年になる中小企業診断士の福田が仕事紹介をしようと思います。


地方と中小企業診断士

中小企業診断士といっても、資格を使わないような民間コンサルと同様の働き方をする方もいるので、今回は中小企業診断士資格を活用した公的業務のみに絞って記事を書いてみます。また中小企業診断士の資格を使ってフルタイム勤務するケースは除いていますのでご了承ください。


 

公的業務の種類(ざっくり分類)

  • 専門家派遣

  • 相談員業務

  • 補助金事務局業務

  • そのほか


 

専門家派遣

中小企業診断士の仕事で最も多いのが専門家派遣です。専門家派遣といっても、依頼元の機関によって内容は様々ですが、基本的には訪問して支援内容の報告書を提出する形式です。主な専門家派遣を依頼してくれる機関は商工会、商工会議所、産業振興財団、保証協会です。

一般的に専門家派遣では、相談企業の課題に対して適切な助言ができる専門家を選んで依頼するため、ある程度の専門性があった方が声がかかりやすいです。ちなみに専門家派遣だけで満足に食べていけるようになるのはかなり難しいと思います。


相談員業務

支援機関が設置している相談員の業務も中小企業診断士の仕事としては一般的な仕事です。しかし、すべての診断士が職に就けるほどは募集がないため、タイミングと経歴がマッチすれば得られるような業務です。日給制で単価が安いので、比較的年数の浅い診断士が多い場合もあります。設置している機関は、商工会、商工会議所、産業振興財団、よろず支援拠点、各自治体などです。


補助金事務局業務

補助金や給付金の審査員として事務局に勤務する仕事です。他の業務に比べて時給単価が高く、業務内容も単純なものが多いため、収入を得やすい仕事です。しかし、中小企業診断士の本来業務とは大きく異なり、一般的な事務作業に従事することになるため、中小企業診断士としての経験やスキルを活かせるものではありませんし、中小企業診断士として成長することはありません。補助金事務局運営についてのノウハウを得ることができるという点においては、非常に貴重な経験ができると思います。


そのほか

公的業務ではありませんが、補助金の申請支援や経営改善計画の策定支援など、補助金に関連した業務を行う中小企業診断士は多いです。また認定支援機関(認定経営革新等支援機関)に登録され、その認定支援機関しかできない公的な支援を行う中小企業診断士もいます。


中小企業診断士の仕事まとめ

以上が公的業務に絞った中小企業診断士の仕事一覧です。細かくすればもっと多様な仕事があるのかもしれませんが、だいたいこのようなところだと思います。公的業務は業務で分類するとシンプルなんですが、様々な支援機関とその支援機関の実施する事業によって複雑な構造になっていることが多く、3年以上公的業務を受託していますがいまだによくわからないことが多くあります。支援機関の実施する事業も年度ごとに変わるものがあるので、支援機関の案内には常に気を配っておく必要があります。


ちなみに当社の診断士は上記全ての業務の経験があります。支援機関と連携した支援というものも非常に勉強になるところがあり、日々のコンサルティング業務に役立っています。

閲覧数:226回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page